躁うつ病〜ことり日和

躁うつ病でパニック障害。小学生ママの日常

ひとりきり


家に一人きりになると、急にすべてのことに対して
やる気がなくなります。


家事もしたくない。
本も読みたくない。
テレビもDVDも見たくない。
買い物にも出たくない。
ネットショッピングもかったるい。
スマホゲームも面倒くさい。
散歩なんてもってのほか。
LINE友達もあまりいない。
ああ、書道の課題をやってしまわなきゃ・・・。



ただ、静かな音楽をかけて、でも、それを聴くでもなく、
こたつに潜ってじっとしています。



一人が心細くて、さみしくてさみしくてしかたない。
と同時に、人々が活動している時間に
時間を無駄に過ごしている自分がみじめになる。



鳥たちが「遊んで」と騒ぐときは、籠からだしてやりますが、
基本的にただ、出しっぱなし。遊んでやる気力はありません。
ただ、私が眠りにつくと、3羽とも私にとまって、
一緒に昼寝してたりするので笑ってしまいますが。


でも、悲しいかな、おなかはすく。
うつ病なら食欲も落ちてほしいのに。
ジプレキサの影響か食欲は旺盛(;;)


のっそり起きて、食べるものさがして、
食べてまた、横になる。


やったことといえば、洗濯物を干したことぐらいだろうか。


息子が帰ってくるまで、
長い長い一日をただただむなしく過ごす。


息子が独立してしまったら私はどうなるんだろう。



その昔、ごみ屋敷状態のリビングに万年床をこさえて、
一日、テレビを見て過ごしていた祖母を思い出す。


買い物は生協の宅配で済ませ、病院通いだけが楽しみだった彼女。
冷蔵庫は賞味期限切れの食糧でごった返し、
ひどいときは、カビの生えた使いかけのマーガリンが4つも出てきた。
冷凍庫は扉を開けると雪崩を起こす。


ああはなりたくない。思いっきり軽蔑していた10代のころの私。


祖母が精神科にかかっていたかどうかは、
今になっては分からないけど、
自分が躁うつ病になって、
ああ、彼女も同じ病気だったのだと、よくわかる。


祖父はあさ5時には家を出て、
夜中の0時近くまで帰ってこない人だった。
仕事でではない。帰ってきたくなかったのだ。
もちろん日中は働いていたが、
毎晩お酒を飲んで、遊んで帰ってきた。
「おばあちゃんをあんなにしたのは、あんたのせいだ。」
父が祖父を責めたことがあった。
でももし、祖父が精神病に理解のある人だったとしても
限界はあっただろう。


晩年、糖尿病を患い、脳梗塞を起こして体が不自由になった祖母を、
祖父が持て余し、私たち家族と同居することになった。
自由が利かないイライラを私たちにぶつける祖母。
しかし彼女は、父が仕事から帰ってくると満面の笑みで迎えた。
息子(父)だけが生きがいになっていた。
今、それを思い出し、自分の将来が見えるようで嫌気がさした。


幸い、私の夫は病気を積極的に理解しようとしてくれるし、
部屋の掃除や、ほかの家事分担をしてくれるので
我が家はごみ屋敷は免れているけど、
主人が留守のときの、
この何もできない感だけはどうしょうもならない。


次の診察で相談してみようか。


そんなんに効く薬なんてないか。








×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。