躁うつ病〜ことり日和

躁うつ病でパニック障害。小学生ママの日常

変えられない自分

私はわがままに育てられました。
ただひたすらに、猫かわいがりする父と、
娘のわがままにいいなりの母。(聞かないと火に油のため)
祖父母には、初孫でもないのに
何故か、いとこの中で一番かわいがられ、
遊びに行くとお小遣いもたくさんもらい、食事も贅沢三昧。


ただ、内弁慶だったため、大威張りは家の中だけでしてました。
4つ下に弟がいるのですが、大変奔放な性格なのが気に食わず、
彼の行動で癇に障ることがあると、すぐにキレ、
怒鳴り散らしたり、ぶったりしていました。
そんな私に母は、
「○○(弟)には、ことりちゃんが怒るから、私は怒らないの。」
と、子育て放棄。
やりたい放題の私を叱って、
弟の教育も自分がやるのが本当でしょう。
でも、そんな母だったのです。


私はわがままで、甘えん坊で、自分のことしか考えていませんでした。
さらに、多弁、多動、注意欠損、攻撃性、気分の浮き沈み、すぐキレるなど、
困った症状も抱えていたのですが、
ただ外では内向的なよい子ちゃんで、
幼稚園や学校で問題になることもなく、
当時は今のように、ADHDなどの情報もなかったので、
母も苦労したのでしょう。
私が小学校のころ2度ほど過労で倒れて入院しました。


そんなお姫様扱いは大人になるまで続き、
母の手伝いなどすることもなく、こき使い、
(母が入院している時だけは、
家の家事一切をやりきる要領の良さはあった。)
父には相変わらず猫っかわいがりされ、育ちました。
弟には力ではかなわなくなるので暴力は振るわなくなっても
口の攻撃は相変わらずでした。


はっきり言って最低の人間です。


でも、本当の本当は、助けてほしかったのです。
ちゃんと分かっていました。
自分の感情がコントロールできず、
絶えずイライラし、マイナスの感情に支配され、
習い事にも、宿題にも集中できず、じっとしているのが苦痛で。
なんで自分はこうなんだろう・・・。
小さいながら生きずらさを感じていました。
それでいて、負けず嫌いで、気持ちを言葉にすることが苦手なため、
助けを求めることもできず「自分は悪い人間だ」と思っていました。
思っているのに、止められませんでした。

威張っているのに、自己肯定感は最悪でした。


情報の溢れる今の時代に生まれたら、
母も自分の娘の症状に気づいたのかもしれません。

私達親子の救いもあったのかもしれません。


でも残念ながら、昭和の時代にはそんな情報はありませんでした。
診てくれる病院も、カウンセリングルームもありませんでした。



大人になって、病気を通して学び、結婚し、子供を持ち、今思うこと。


子供の成長は早いから息子との「いま」を大切にすること。

無償の愛をたくさん注ぐこと。

働けない私の分まで頑張ってくれている夫をいたわること。


分かってるんです。でも、私の中の意地悪な心が時々顔を出すんです。

なんでも思い通りにしたがり、相手を支配したがり、

そうでないと、ものすごくイライラする自分がいる。
当たり散らしてしまう自分がいる。
ふてくされてしまう自分がいる。



今ある幸せは当たり前じゃない。
病気を理解し、心配してくれる両親がいる。
夫がいて、息子がいて。それだけで幸せ。


なのに、


大量の薬を飲んでもなお、顔を出す、私のマイナス感情。

意地悪で自分本位な甘ったれた考え。

大人なんだから、もう誰のせいでもない。

自己責任。

それでも湧いてくる。コントロールできない。


感謝することを忘れずにいなさいと、色々なところで読んだ。

心がけ、なるべく「ありがとう」を口にするようにしてはいる。


なのに


夫を疲れさせてしまっているのがわかる。
息子がビクビクしてるのが分かる。


失わないと気づけないの?

後悔してからじゃ遅いのよ?



なんで私はこうなの?

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。